About

「はじめの愛」について

人生はたった1度きりで戻らない。

たった1枚の写真で、その時の音や空気、感情までも思い起こさせてくれる、それが写真の力です。

3.11の地震の後、被害に遭った家に取りに戻ったものの多くは、写真だったそうです。

家族との想い出が一瞬で蘇る、大切な写真。
デジタル化が進む時代に、どれだけカタチとして残っているでしょうか。

結婚式で「予算が無いから」という理由で一番後悔するもののナンバー1が、
”スナップ写真”だ、という話を聞いたことがあります。
「写真をそれなりに上手に撮れる友達に頼んだけれど、やっぱりプロに撮ってもらえば良かった。」
みなさん、そのようにおっしゃるみたいです。

韓国では、結婚式の前撮り写真が人気ですが、
写真会社がとっても大きなパネルを製作してくれることが多いとのこと。

部屋ではちょっと邪魔になるくらい大きいけれど、ケンカ中にその写真を見ると、
どの夫婦も当時を思い出して「仕方ない、許そう」と思えるんだとか。

写真には、「原点に帰ることができる」という不思議なパワーが秘められています。

この人を一生愛すると神様に愛を誓った日。
生まれてきた、わが子を愛おしいと思った瞬間。 家族がいる喜び。
その写真を見て、今が充分幸せであることを確認する。
何かがずれてしまっていたら、原点に立ち返って軌道修正する。

”はじめの愛”というブランドネームはそんな思いから名付けました。

永遠のベストセラーであるバイブルは、「はじめの愛に戻りなさい」と語っています。

お客様がいつでも原点に戻れるような 一生の宝物フォトを目指して、心を込めて撮影しています。